おはようございます。
拓也です。
昨日は応援、本当にありがとうございました。
試合開始直後にお守りを外し忘れるという失態をしてしまい、大変申し訳ありませんでした。

とりあえず判定3-0で勝ちました。
また判定か。
やっぱりね。
って思ってる人もたくさんいるでしょう。
またあと少しで倒せるという煮え切らない、仕留め切れない試合でした。

今まではありがたいことに、ずっと格上と試合を組んでもらって、なんとか競り勝って「よくやったねー!」って言ってもらうことが多かった。
だけど、今回の試合は勝ち方が要求された試合だった。
圧倒しても倒さなきゃ意味がない。
練習では凄い成長してる実感もあったし、新しい技だったり、倒すパターンも考えて、直向きに毎日練習してきた。
でも結果はこれ。
倒そう、倒さなきゃ、というのが先行してしまい、練習の動きが全くできなかった。
脚にまでクリンチしてくる、守りに徹した相手に苛立ち、いつもの癖でムキになって前に前に行ってしまう。
あそこで一歩引ければ状況は変わるし、眼に映る世界も変わる。
そこが成長していない。
悔しさだけが残る。

お客さんはKOを観たいと思うのに、それを観せれない自分がお金をもらってリングに上がっていいのか。
プロとして仕事ができていない。
そうじゃないと言って下さる方もいますが、厳しいことを言われるのもプロです。
とりあえずゆっくり休んでいろいろ考えます。
たくさんの応援、ありがとうございました!
スポンサードリンク