こんにちは!プロキックボクサーの拓也(@kick_1028)です! 
美肌+酵素ダイエット「ベルタ酵素ドリンク」



IMG_2687

だんだんと日の暮れも早くなり、肌寒さを感じる季節となって来ました。
札幌の朝は15度前後で、羽織るものが必要ですね。

夏ももう終わり。
夏前は「露出が増えるからダイエットしよう!」「夏は暑いから脂肪が燃えやすい!」

と思っている人って結構多いと思います。(正直、前は僕もそうでした)

でも、「夏が終わって露出も減るから、ダイエットも終わり!」なーんて気が抜けていませんか!?

そんなあなた!
今日はこの記事を読んで、実は夏より冬の方がダイエットに最適な季節だということを知りましょう!

冬は太りやすい?痩せやすい?

みなさん、冬って太ると思っていませんか?
なぜ太るのか?
理由はそのまま。寒さによる運動量の低下が1番大きな要因です。
暖かいとなんだか気持ちよくて外をランニングしたりする気にもなりますが、やっぱり寒いとそんな気もなくなります。

それに冬は食べ物が美味しいですよね。
鍋だったり、忘年会だったり、みんなで食を囲む機会も増え、運動量の低下+美味しいご飯でみるみる脂肪は蓄積されていき、結果的に"冬は太りやすい"と思われているんです。

しかし、実は春夏秋冬の中で1番脂肪が燃えやすいのは冬なんです!!

なぜ冬の方が脂肪が燃えるのか?

脂肪が燃える条件として、基礎代謝が関係しています。
よく"基礎代謝を高めるために筋肉をつける!"と言いますよね。
もちろん間違いではないのですが、筋肉はそう簡単にはつきません。
運動や筋トレを毎日コツコツやって、3ヶ月が過ぎた頃からやっと目に見えた効果が出てくるのが筋肉です。
こうした人たちは筋肉で基礎代謝が高くなりますが、いきなりこうはいきません。

じゃあどうすれば基礎代謝を高められるのか!?
簡単な方法があります!

それは寒冷刺激です!

文字通り、冷え・寒さによる刺激で、これが1番高まるのは間違いなく"冬"ですよね。

この寒い冬に寒冷刺激を受けると活性化して、"エネルギー代謝(消費)を高める細胞"があるんです!!

脂肪燃焼の鍵は褐色脂肪細胞!

この寒冷刺激によって活性化する細胞を褐色脂肪細胞と言います!

褐色脂肪細胞についてはこちらの記事でも紹介しました。


脂肪細胞なのにエネルギー代謝をしてくれるの?と思うかもしれませんが、一般的に脂肪と呼ばれているのは白色脂肪細胞と言い、エネルギーを溜め込みます。
それに対し、寒さを感じた時に体を温めようと、この褐色脂肪細胞が活性化して脂肪を燃やしてくれる優秀な細胞なんです!

冬こそこの寒冷刺激を利用して運動し、効率よく脂肪を燃やしましょう!!


実際に褐色脂肪細胞と寒冷刺激を使った実験も行われています↓

脂肪を燃焼させようと厚着をして運動するのは無意味!むしろ逆効果!

前述したように、褐色脂肪細胞は寒さを感じた時に体温を上げようと活性化します。
しかし、夏なんかは既に気温が高いので褐色脂肪細胞の出番はほとんどありません。

そして汗をかいた方が痩せると思って厚着をして運動している人がよくいますが、これも意味はありません。
汗の量と脂肪燃焼は比例しないですし、むしろ体温が高い状態が続くと、これまた褐色脂肪細胞の出番がなくなってしまいます。

なので、できれば夏でも涼しい格好をして運動し、体温を上げ過ぎないことが脂肪燃焼、ダイエットに有効なやり方だと言えるでしょう!

まとめ

夏より冬に脂肪が燃えやすいということはわかってもらえましたでしょうか?

きっとほとんどの人が目から鱗だったと思います!

何も"寒い冬に外走れ!"なんて鬼のようなことは言いません。
風邪ひいちゃいますし。笑
でも、寒い方が脂肪は燃えやすいんだなとわかれば、冬もダイエットする気が少しは起きるのではないでしょうか?

また、"寒い冬に外で運動ができず、運動量が低下している"という人は、室内で行うキックボクシングが最高です!

これから食欲の秋、秋が終われば寒くて動きたくない冬が来ます。
今からキックボクシングを初めて冬太りを回避しましょう!!

キックボクシングは誰でもできるスポーツです^^
僕のいる蹴空ジムでも会員さん募集しています!!

是非、お近くのキックボクシングジムへ!!



1か月であと─3キロ美しく痩せる






スポンサードリンク